So-net無料ブログ作成

足利事件再審 警察庁刑事局長「厳粛に受け止める」(産経新聞)

 足利事件で菅谷利和さんに無罪判決が言い渡されたことについて、警察庁の金高雅仁刑事局長も26日、「厳粛に受け止めている」などとするコメントを発表した。

 コメントでは、「警察の捜査によって犯人ではない方が逮捕され、17年半もの長きにわたり受刑者等の立場に置かれ苦しまれたことは、極めて遺憾であり、誠に申し訳ないことと考えております」などと謝罪。公訴時効の期間を経過させてしまったことについて深い遺憾の意を表した上で、「警察捜査の問題点についての検証作業を早急に取りまとめ、再発防止を徹底したい」などとしている。

【関連記事 足利事件再審】
裁判長の謝罪全文
表情変えずじっと聞き入る佐藤裁判長
取り調べ可視化めぐり議論
裁判長が菅家さんに謝罪
元県警幹部「人生無為、申し訳ない」 
あれから、15年 地下鉄サリン事件

ハイチ「抗争や銃声に緊張」=PKO陸自1次隊長ら帰国−成田(時事通信)
留め具が屋内用、劣化し通信線垂れる…JR停電(読売新聞)
皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」(産経新聞)
首相、小沢氏らと懇談「国民の目は厳しい」(読売新聞)
首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…(産経新聞)

<平塚競輪場>「チャリLOTO」6億円超す 当選なく(毎日新聞)

 神奈川県平塚市の平塚競輪場で24日、後半7レースの1着をすべて当てる競輪くじ「チャリLOTO」の配当金(払い戻し可能額)が6億511万4250円に達した。当選がなくて次回に繰り越すキャリーオーバーを繰り返した結果で、宝くじの「totoBIG」の最高当選額6億円を超え、国内最高額になる。

 競輪くじは人気挽回(ばんかい)のため08年4月、1口200円、最高配当12億円で始まった。一日に開催される11〜12レースの後半7レースの1着を当てる「7重勝単勝式」。同競輪では08年6月5日、初の当選者が公営競技払い戻し最高額である7969万8600円を手にしたが、それ以降109回目となる24日も当選者がなく大台を突破した。

 ファンならずとも着順予想や勘を頼りに当選を目指したいが、くじ番号はコンピューターがランダムに選ぶ仕組みで、指定はできない。また、くじ購入には事前登録が必要。コンピューターと相性のいい幸運な当選者が現れるか、最高限度額の12億円まで配当が積み上がるのか。次回開催は25〜26日。【渡辺明博】

【関連ニュース】
交通事故:練習中の競輪選手トラックにはねられ死亡 千葉
プロ野球 西武・雄星、競輪でも大物の片りん?
大津びわこ競輪:存続へ知恵 市民ら討論会 /滋賀
花月園競輪場:運営会社、借地権確認求め提訴 知事「借地権存在せず」 /神奈川
大津びわこ競輪:「宮杯×なら即廃止を」−−市議会委 /滋賀

<民主党>今年6勝14敗 都県議補選・市長選(毎日新聞)
<民主東京都連>菅副総理の会長辞任決める(毎日新聞)
再議否決なら原案賛成も=築地移転予算修正で−都議会民主(時事通信)
<恐竜>豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初(毎日新聞)
対象あいまい…紛糾 都の「漫画・アニメ児童ポルノ」規制(産経新聞)

「心配お掛けしている」=皇太子ご夫妻がコメント(時事通信)

 皇太子ご夫妻は19日、不安感を訴え学校に十分登校できない長女愛子さま(8)について、「国民の皆さまにご心配をお掛けしており、わたしたちも心を痛めております」などとするコメントを発表された。
 野村一成東宮大夫が同日、定例会見で明らかにした。野村大夫は、宮内庁が「愛子さまの不安の原因」とした児童について、「両殿下(皇太子ご夫妻)も、そう言われている児童たちのことを気に掛けている」と述べた。 

鳥取不審死の上田被告、2件目強盗殺人罪で起訴(読売新聞)
1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算(産経新聞)
今月末に日米外相会談 国務次官補は来月訪日意向(産経新聞)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)
<経費二重計上>政治資金と政調費に 岐阜県議2人(毎日新聞)

甲府で桜開花、関東南部は4月下旬並みの暖かさ(読売新聞)

 甲府地方気象台は20日、甲府市内で桜の開花を観測したと発表した。

 昨年と同じ日の開花だが、平年より9日早い。日本気象協会によると、関東甲信越地方では、今年初めて。

 また、太平洋上の高気圧の影響で、関東地方は同日、南部で4月下旬並みの暖かさとなり、東京・大手町では正午に平年より7・9度高い19・2度を記録した。気象庁によると、この暖かさは21日午前まで続くという。

盗撮の高検検事に罰金50万円=「過去に3回やった」−名古屋簡裁(時事通信)
<仏像展>新潟展会場 市美術館から県立近代美術館に変更(毎日新聞)
公示地価 99%で下落 2年連続マイナス 九州の上昇地点ゼロ 2010年 2万7410地点(西日本新聞)
豚舎2棟が全焼、550匹焼け死ぬ…福島(読売新聞)
アフリカ投資かたる2社、実名を公表(読売新聞)

6千万着服の幻冬舎元局長、懲役4年の判決(読売新聞)

 東京都渋谷区の中堅出版社「幻冬舎」の預金を着服したとして、業務上横領罪に問われた同社元管理局長竹本和博被告(44)の判決が15日、東京地裁であった。

 稗田雅洋裁判官は「経理業務を統括する立場でありながら会社の信頼を裏切った」と述べ、懲役4年(求刑・懲役5年)の実刑を言い渡した。

 判決によると、同社の経理業務を統括していた竹本被告は、2008年10月〜09年3月、34回にわたって同社の預金口座から計6120万円を引き出し、馬券の購入などに充てた。

佐賀大 ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
春の琵琶湖へ ウェルかめ!(産経新聞)
仕分け第2弾、歳出の大幅削減は期待薄(読売新聞)
<鶴岡八幡宮>大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)
千葉県警元警部補 覚醒剤使用「間違いありません」 地裁初公判(産経新聞)

<山崎直子宇宙飛行士>11年の集大成…4月にシャトル搭乗(毎日新聞)

 4月5日に米スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗して、国際宇宙ステーション(ISS)に向かう宇宙飛行士、山崎直子さん(39)が10日、米テキサス州のジョンソン宇宙センターで、打ち上げ前最後の記者会見をした。「(宇宙飛行士候補の内定から)11年間訓練をしてきた集大成。立派な仕事をして、日本人宇宙飛行士のバトンをつなぎたい」と抱負を述べた。

 ディスカバリーは、実験ラックやアンモニアタンクなどを積んだ補給モジュールをISSに運搬する。山崎さんを含む34〜51歳の7人が搭乗し、女性クルーは3人。山崎さんは、日本人女性で初めてシャトルの運用を担当する搭乗運用技術者として乗り組む。94、98年搭乗の向井千秋さん(57)は、宇宙実験の専門家、搭乗科学技術者だった。

 クルー全員の会見後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の会見に単独で出席した山崎さんは「飛行1日目にペイロードベイドア(シャトルの貨物室ドア)の展開、2日目にはロボットアームでの耐熱タイル検査を担当する。その作業をぜひ見てほしい」と、特に得意のロボットアーム操作へのこだわりも見せた。ISSでは長期滞在中の野口聡一さん(44)と合流、教育ビデオの撮影や余暇を使った楽器演奏などのプログラムも考えているという。【奥野敦史】

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:搭乗のシャトル打ち上げ延期 4月5日に
エンデバー:米ケネディ宇宙センターに帰還
シャトル:山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」
スペースシャトル:エンデバー打ち上げ成功
山崎直子宇宙飛行士:両親「悔いのないように」

エコで長持ち 家庭用LED電球 寿命は白熱電球40個分…売り上げ好調(産経新聞)
【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(3)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)
JAYWALK中村容疑者「1年前から覚醒剤使用」(産経新聞)
<掘り出しニュース>トマトフェスで巨大トマト鍋(毎日新聞)
<山手線>酔ってホームから転落…電車通過、けがなし 上野(毎日新聞)

トキ襲ったのは「テン」 天井付近から侵入か(産経新聞)

 佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)の野生復帰ステーション順化ケージで、放鳥に向け訓練中だったトキ9羽が死に、1羽が負傷した問題で、環境省は11日、トキを襲った小動物がテンと判明したと発表した。雪の上に残された足跡から分かった。センターの金子良則獣医師によると、ケージの天井付近に侵入したような跡があり、ここから入った可能性が高い。

  [フォト]ケージ周辺にはテンの足跡が…

 監視カメラに記録された音声でトキの鳴き声を分析した結果、通常とは異なる大きな声で鳴いている時刻が10回あり、その前後に襲われたとみられる。鳴き声があったのは、9日の午後8時17分から午後11時17分にかけての計9回。10日は午前5時45分の1回。

 環境省によると、10日夕方時点の監視カメラの画像でもケージ内に小動物がいるのが確認されており、テンがケージ内にとどまっているとみて捕獲用のわなを仕掛ける準備をしている。

 野生復帰ステーションでは11日、環境省やセンターの職員らが、侵入経路を特定するため調査を始め、金網に小動物が入りこむすき間がなかったか調べた。

 テンはネコ目イタチ科の哺乳(ほにゅう)類で本州、四国、九州の森林に生息する。体長約40〜50センチ。夜行性で野鳥、ネズミ、昆虫、木の実などを食べる。

【関連記事】
佐渡のトキ8羽死亡 2羽瀕死、外敵が襲撃か
センター内で飼育のトキが今年初の産卵 順調なら1カ月で孵化
初めて枝渡しに成功、トキの繁殖の期待高まる 新潟・佐渡
トキ2次放鳥の雌も本州へ 関係者やきもき
トキ10羽を中国に返還 佐渡で繁殖、引き渡し署名

愛子さまが「乱暴」で学校お休みに(産経新聞)
<宮崎家族3人殺害>偽装工作で実子を殺害か 奥本容疑者(毎日新聞)
夫婦別姓で民主紛糾 性急な法案提出に慎重意見も(産経新聞)
<火災>民家焼き幼い兄弟死傷 北九州(毎日新聞)
長谷川等伯展 入場者10万人を突破…東京国立博物館(毎日新聞)

急増「撮り鉄」、暴走を警戒 寝台特急「北陸」など12日ラストラン(産経新聞)

 JRのダイヤ改正で定期運行が廃止となる寝台特急「北陸」(上野−金沢)と夜行急行「能登」(同)のラストランを12日に控え、東京・上野駅にはカメラを構えたファン「撮り鉄」が押し寄せている。撮影マナーをめぐるトラブルが問題視される中、JR東日本は警備態勢を強化、ファンからは「マナーは守って」との声も上がっている。(海老沢類)

                   ◇

 「危ないので中に入ってください」。規制ロープから出る人に警備員の注意が飛ぶ。8日夜、北陸と能登が発着する上野駅13番ホームには、平日にもかかわらず約200人のファンが集結し、カメラのシャッターを切っていた。午後11時を過ぎても、父親に肩車された子供の姿もあった。

 「撮り鉄」は先月中旬ごろから急増。休日には700人を超え、JR東日本は対応に追われた。上野駅ではこれまで午後11時3分に13番ホームから「北陸」、30分後に16番ホームから「能登」が出発していた。しかし、両方の車体をいい位置で撮影しようと、数百メートルの距離を走って移動する人が出たため、JR東日本は「危険だ」と、先月27日から発車番線を13番ホームに統一し、臨時の警備スタッフ10人を投入した。

 「撮り鉄」は増加傾向で、昨年春の「富士」「はやぶさ」引退時は約3千人が東京駅に集まった。マナー違反も目立つようになり、2月に大阪府柏原市でJR関西線のお座敷列車「あすか」を撮影しようとした数人が線路内に立ち入り列車に運休や遅れが出たケースでは、大阪府警が本格捜査に乗り出している。

 北陸は昭和25年から、ボンネット型の車体が郷愁を誘う能登は同34年から運行を開始。北陸の最終運転は全席が発売からわずか10秒で完売した。JR東日本は「ラストラン当日は、より多くの人出になる」とみて、社員や警備員計約40人を配置する予定だ。

 鉄道写真家の中井精也さん(42)は「全国区の人気列車が残り少なくなり、ファンが集中するのは仕方がないが、撮らせてもらっているという意識を忘れずにマナーだけは守って」と呼びかけている。

<アカデミー賞>長編アニメ賞に「カールじいさん」(毎日新聞)
予算案が衆院通過=年度内成立へ−「政治とカネ」、なお焦点(時事通信)
「衰弱認識しながら放置」=逮捕の父親供述−奈良5歳児餓死(時事通信)
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)
<普天間移設>東富士分散案に3市町反発(毎日新聞)

官房機密費、4月から検証=公表範囲を仕分けへ−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は5日午前の閣議後の記者会見で、官房機密費(内閣官房報償費)の透明化に向け、必要性や公表範囲などについて4月から検証を開始する方針を明らかにした。
 平野氏は「本当に報償費が必要なのか、必要であるならどういう意味なのか、公表できる概念に入るなら報償費として取り扱う必要がないのではないか、ということを含めて検証する」と述べた。同氏は具体的な検証方法については明らかにしなかったが、使途によって機密費として残すものと、機密費とは別の費目に移して公表するものとを仕分ける意向を示したとみられる。 

はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か−09年患者激減、「排除」へ正念場(時事通信)
<参院予算委>小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」(毎日新聞)
元内科医長の実刑確定へ=アジ化ナトリウム混入−最高裁(時事通信)
<おいらせ町長選>津波で投票箱24時間監視、ようやく終了(毎日新聞)
証人尋問3時間朗読、裁判員「長かった」(読売新聞)

乗用車同士が正面衝突=高齢夫婦ら3人重体−京都(時事通信)

 7日午後3時50分ごろ、京都府南丹市園部町口人の国道477号で、同市の職業不詳藤井瑞正さん(20)運転の乗用車と、福井県鯖江市の無職小谷恭平さん(79)運転の車が正面衝突した。2人と小谷さんの妻美智子さん(79)が全身を強く打ち、意識不明の重体。 

無償化から朝鮮学校除外、国連委が「懸念」(読売新聞)
【私も言いたい】テーマ「国母選手の“腰パン”問題」 「不快に感じる」が8割(産経新聞)
民家火災、4人死亡=石材業男性の一家か−群馬(時事通信)
相次ぐ児童虐待、昨年は最多の335件(読売新聞)
<鉄塔倒壊事故>関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。