So-net無料ブログ作成
検索選択

スカート盗撮行為、大阪市職員を逮捕(産経新聞)

 階段を上る女性のスカートの中を携帯電話で撮影しようとしたとして、大阪府警東成署は9日、府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)容疑で、大阪市建設局職員、北村秀規容疑者(30)=同市城東区中浜=を逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は8日午後11時40分ごろ、同市東成区の市営地下鉄緑橋駅で、出口の階段を上っていた無職女性(35)のスカートの下に、すれ違いざまにカメラ付きの携帯電話を差し入れたとしている。

 東成署によると、女性の悲鳴に気付いた駅の男性職員(45)が北村容疑者を追いかけ、約50メートル離れた別の出口で転倒したところを取り押さえたという。

【関連記事】
大阪国税局職員がスカート盗撮で現行犯逮捕 容疑は否認
スカート内を盗撮容疑で千葉市職員を逮捕
スカート内盗撮の疑いで巡査逮捕 習志野
こちらiPodで盗撮容疑、デンソー社員を逮捕
妻と旅行中に「魔が差した」 浴場盗撮の整骨院長逮捕
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<樺美智子さん>国会突入デモ死から50年 「真相解明を」(毎日新聞)
<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎・都城の牛は「陽性」 農家の208頭殺処分(毎日新聞)
<地震>鹿児島・奄美で震度3=午前0時45分(毎日新聞)
「ただ乗り」させぬ仕組みを 大阪市生活保護外国人1万人突破(産経新聞)

ヘルパーが家族に訪問介護、不正請求で指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)

 奈良県はこのほど、ヘルパーが同居家族にサービス提供した分を不正に請求し、受領していたなどとして、「株式会社サンハート」(奈良市)が運営する訪問介護事業所「株式会社サンハート訪問介護ステーションよろこび」(同)について、介護保険法に基づく事業者の指定取り消し処分を行うと発表した。取り消しは6月30日付。

 県によると、よろこびは2008年8月から昨年11月までの間、ヘルパーが、同居している家族である利用者に対して訪問介護サービスを提供していたにもかかわらず、介護給付費を不正に請求し、受領していた。同社の役員も同居家族と知りながらサービスを提供するように指示していたという。「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」では、同居家族に対するサービス提供の禁止が規定されている。
 また、08年6月から昨年10月までの間、70歳代の男性利用者に対してサービスを提供したように偽り、介護給付費を不正に請求、受領していた。

 よろこびの不正請求額は119万円余り。今後、保険者の生駒市が加算金を含む167万円余りの返還を求める。


【関連記事】
大阪と兵庫の介護事業所、4400万円超不正請求で指定取り消し
人員基準違反で訪問介護事業所など指定取り消し―大阪
不正請求で訪問介護事業所など指定取り消し―徳島の2社
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜
百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良

厚労省幹部「これでは国民の支持得られない」(産経新聞)
<雑記帳>フットサル大会に大使館員チームら 南アW杯記念(毎日新聞)
鳩山政権「空白の8カ月」…深刻な機能不全の象徴(産経新聞)
「天安門」学生指導者?中国大使館に侵入(読売新聞)
鳩山首相 梅生産者の表敬に「元気になるねえ」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。